【Dキャリアプラス 2 周年記念 特別企画 DAY1】歯科衛生士のための摂食嚥下リハアップデート【WEB:見逃し配信希望の方もお申し込みが必要です】

セミナー

Dキャリアプラスセミナー
【Dキャリアプラス 2 周年記念 特別企画 DAY1】歯科衛生士のための摂食嚥下リハアップデート【WEB:見逃し配信希望の方もお申し込みが必要です】

日時
2023年10月22日(日) 13:00~15:00
対象者
歯科衛生士
講師
山口浩平
歯科医師/博士(歯学)/日本老年歯科医学会
専門医・摂食機能療法専門 歯科医師・認定医/
日本臨床栄養代謝学会 認定歯科医師/
日本摂食嚥下リハビリテーション学会評議員・認定士
会場
オンライン(見逃配信有)
受講料
0円
受付期間
7月13日~7月13日
見逃配信期間
10月29日~11月4日
定員

本講座の内容

Dキャリアプラス 2 周年記念 特別企画
東京医科歯科大学 山口 浩平先生 特別セミナー
摂食嚥下の基本から歯科衛生士に担ってもらいたい役割までを、重点的に説明、紹介いたします。
超高齢社会における「食」の課題と摂食嚥下の基本を知り、自分ごととして捉える
摂食嚥下障害を知る、口腔から気づく、その方法を知る
多職種連携を知る、適した医療資源へつなげば何かが変わる

こんな方におすすめ

高齢者領域での「食」を学びたい方
摂食嚥下について学びたい方
多職種連携を知り、仕事に活かしたい方
ご用意
いただくもの
オンライン研修が受講できるようなデバイス(PCやスマートフォン、タブレットなど)、Zoomを受信できる通信環境が必要です。その他、筆記用具をご準備ください。

講師紹介

経歴
2012年 東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
2019年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 高齢者歯科学分野卒業
2021年 東京医科歯科大学病院 摂食嚥下リハビリテーション科 特任助教・医局長
2022年 東京医科歯科大学大学院 摂食嚥下リハビリテーション学分野 助教
2023年 東京医科歯科大学大学院 摂食嚥下リハビリテーション学分野 講師

講師からご挨拶

「摂食嚥下リハ」、よく聞くし、重要性もなんとなくわかるけれど、正直何をしたらいいかさっぱりわからない。歯科衛生士には無関係、そんな風に思っていませんか?摂食嚥下リハビリテーションは多職種連携が基本なので、その中でいかにして歯科衛生士の存在感を発揮し、価値を示すかが重要です。ポイントは、「歯科衛生士ならでは」と「誰がやってもいい」、このバランスを最適化していくことです。口腔衛生状態が悪くて、改善させるには時間が必要、義歯が不適で使用しない方がいい、こういった口腔に関わる意見は歯科医療従事者以外には中々できません。一方で、ソースをかける、食器の色を変える、BGMを変更する、これだけで対象者の摂取量が有意に増加することが先行研究でも多く報告されています。これは職種関係なく、気づいた方が提案すればいいだけです。本講演では、在宅や施設の現場で皆さんがより一層輝くためのTipsをご紹介します。